島村英紀・ホームページのアクセス・ランキング

多数のアクセスをありがとうございました。ここでは、2014年の後半にアクセスが多かった頁をご紹介します。

【文章編】
島村英紀が書いた「理研・STAP細胞・小保方博士」問題の裏
御嶽山の噴火予知が失敗したワケ
島村英紀は東日本大震災の前までに、原子力発電所についてこんな指摘をしていました
島村英紀が書いた『夕刊フジ』の連載コラム
学資のハードル:親の収入で大学へ行けない不条理
島村英紀「原発は活断層だけを警戒していればいいのだろうか--原子力規制委員会の断層調査への疑問」
島村英紀の新聞寄稿・「人はなぜ御用学者になるのか
島村英紀の新聞寄稿・「イタリアの地震予知裁判は日本にとって他人事ではありません」
 がんばれ、哀れな北大生 : F女子大生にナメられた北大生
名簿ビジネスの犠牲者:子供の名前を付けるときの、大学の教師からの助言とは
 氷河の中の一生:この世でもっとも可哀想な生物の生涯
島村英紀は科学者と社会についてこんな指摘をしていました
人間が起こした地震 :人間でも地震の引き金くらいは引けるのです
「 私たちの海底地震計。その開発の歴史と苦労」
気象庁の津波警報はオオカミ少年か?【追記 2011年3月11日に東日本を襲った巨大地震で】 地震予知計画の(意図せざる結果としての)欺瞞
「地震予知の語り部・今村明恒の悲劇」
政治家と地震の名前の関係:「地震の名前」から読みとる世相
【追記 2011年3月11日に東日本を襲った巨大地震で「地震予知」はどうなった?
【追記 2011年3月11日に東日本を襲った巨大地震の"マグニチュード9"とは
島村英紀の「気象庁の緊急地震速報」についての見解島村英紀『「地震予知」はウソだらけ』から)【追記 2011年3月11日に東日本を襲った巨大地震で】
悪妻をもらうと哲学者になれるなら:海底地震学者は「哲学者」になれる
ノンフィクション・島村英紀『私はなぜ逮捕され、そこで何を見たか。』から。「取り調べ」
島村英紀が書いた「日本と日本以外」索引


【写真編】
島村英紀が撮っていた歴史的な写真:1970年代半ば以前
島村英紀の新シリーズ「外から見た日本」
島村英紀が撮った「魂の詩--アフリカの面の憂愁」
「定期旅客機から見た下界」 ;地球物理学者は飛行機から下を見るときに、なにを思うのだろう
 
アイスランド気象庁の人が教えてくれたサイト:衝撃波が捉えられている噴火の動画映像
島村英紀が昔の写真を撮ったカメラ
島村英紀が撮った新シリーズ「道」
島村英紀が撮った新シリーズ「海の風景」
 島村英紀が撮った新シリーズ「不器量な乗り物たち」日本編
島村英紀が撮った"世界の墓”
島村英紀が撮った写真(北極海・北大西洋編)


【引用・紹介編】
「島村英紀・最近の雑誌やテレビから」
「島村英紀・最近の記事から」
Wikipediaに「島村英紀」が載っています
 月刊誌『道新today』による島村英紀の人物紹介
 ある国語の先生は小学生が読んでおきたい100冊の本に選んでくださいました。『アンネの日記』『次郎物語』『星の王子さま』と同列では恐れ入りますが。

『「地震予知」はウソだらけ』(講談社文庫)「解説(辻村達哉氏による)」
危機に沈黙せぬ学問を 翼賛排して時代をチェック (『公認「地震予知」を疑う』書評)
島村英紀著『「地震予知」はウソだらけ』(講談社文庫)の書評と読者の反応
なぜ、この文章が教科書に採用されたのだろう(教科書としての狙い)
この教科書(島村英紀『深海にもぐる』)を使った(先生の工夫で活気があふれる)授業のありさま



島村英紀のホームページ・更新記録へ

島村英紀・本文目次に戻る
サイトマップ風・雑文・エッセイのテーマ別索引
雑文・エッセイ:「ほんわか系」から「シリアス系」の順に並べた索引。
【島村英紀が撮った写真】
島村英紀の著書一覧(と 「その書評・出版後の訂正・この本にある写真をカラーで見てみれば・この本が置いてある大学図書館一覧」 など
最近の雑文・エッセイの一覧(発表順)はこちらにあります。
島村英紀の裁判通信
島村英紀の最近の講演